畑開き&オープニングパーティー&秩父会議を開催しました

2016年4月15日、秩父市初のシェアハウス「秩父城」は正式オープンしました。 そして翌日の4月16日に畑開きとオープニングパーティーを開催しました。 秩父城の畑は、秩父鉄道の武州中川駅から徒歩で6〜7分の場所にあります。大きさは50メートルx25メートル。ちょうど50メートルプールぐらいの大きさです。1年前から借りています。 荒川の畑 まず最初は肥料をまきます。近所のきづな牧場さんの発酵牛フンです。10袋以上で配達してくれます。牛フンといっても発酵させてあるので臭くはありません。 きづな作業所の牛フン 去年は人力で耕していましたが、今年は最初から耕耘機を導入。ガンガンと畑を耕していきます。 toriさん&耕耘機 しかし、耕耘機に頼らず人力で耕す勇者たちも……。体を動かした方が気持ちが良いそうです。 今回はオクラ、モロヘイヤ、ネギなどを植えました。現在、ジャガイモ、イチゴ、ニンニク、人参、玉ねぎなどを育てています。 種まき あとは、物置小屋の移設作業。高さ2.5メートル、幅4メートルにパワーアップ。高さが結構あり苦戦しました。 農機具小屋の移設作業 今回は時間の関係で骨組みを組み立てるところまでで終了。早く屋根をつけねば……。 農機具小屋の骨組み そして夜はオープニグパーティー。三峯神社の狼山という日本酒も神職から直々に差し入れしていただきました。計25名もの方が参加して下さいました。中には栃木県からの参加者も! 秩父城オープニングパーティー しかし、我々は飲んだだけで終わりません。宴が盛り上がって来たところで秩父がテーマのWebマガジン「ちちぶる」編集長、あざみっくすさんの「俺はちちぶるで何がやりたいのか?」の演説。予定の倍以上しゃべっていました(笑) あざみっくす氏の演説 そんなこんなでイベントは無事終了しました(2次会に行った人は無事でなかったらしい)。わいわいガヤガヤと、幸先の良いスタートとなりました。 こんな感じでみんなが集まれるイベントを毎月1回開いていけたらなと考えています。これからも秩父城をよろしくお願いします。

Follow me!